2005年07月18日

『女系家族』第二話

 いやぁ〜案の定ドロドロしてきましたねぇ。女ばかりが実権を握ると、こんな風になるんでしょうか?(笑)
 文乃(米倉涼子)のお腹の子供を指して「今ならまだ、どうにでもなるわね」と言った芳子(浅田美代子)はかなりの悪人ですな……(((;゚Д゚)))ガクガク

 っていうか、このドラマ善人なんて出て来るのでしょうか?(笑)今の所見当たりませんが……

 「あなたが生む子供と自分達は違う!」と声を荒げて藤代(高島礼子)が言う場面なんかは、正しく鬼のようでした(笑)
 その理由がまた「矢島家は代々女系家族で、自分達はその血を引き継いでいるが、文乃の子供は婿養子だった嘉蔵(森本レオ)の血しか引き継いでないのだから一緒にするな」って言うんですから、さすが総領娘は言う事が一味違います(ーー;)

 自分が不妊治療で通っている産婦人科に文乃を連れて行こうと企む千尋(瀬戸朝香)、財産分与の問題だけではなく、自分には出来ない子供を妊娠しているという事で、また別の意味でも文乃を憎んでいるようにも思えました。

 芳子は芳子で、世間知らずである意味投げやりな雛子(香椎由宇)に上手く取り入ろうとしていたし、雛子はまんまとそれに乗せられてるし……
 宇一(橋爪功)はやっぱりただ者ではありませんでしたねぇ(笑)早速嘉蔵が文乃に残した(?)矢島家の骨董品の中でも特に貴重な掛け軸をネコババしちゃって(^。^;)……
 「退職金代わりだ」って開き直ってるし(笑)

 藤代の相談に乗っている芳三郎(高橋克典)もやはり怪しさ全開!(笑)藤代と文乃、二人の間を行ったり来たりしてどっちに付いたらより得をするか推し量っているようにしか見えません(;´Д`)ノ
 文乃はともかく、藤代は完全に信用している様子ですし……この事も、ますます文乃を憎らしく思う理由になって来るのではないでしょうか?

 芳三郎の意見に従って、一千万!?の小切手を手に文乃を訪ねた藤代でしたが、文乃は結局それを受け取らずに財産の話も明言を避けたまま仕事に戻ってしまいます。
 このあたりが文乃の本心がどこにあるのか、分かりにくくしているところですよね。本当に財産に興味が無いのなら、藤代の言う通り小切手を受け取って一筆書いてしまえばこれ以上矢島家に関わらずに済むのに……でもそうしたら、ドラマが終わってしまうのか( ̄~ ̄;)

 文乃のお腹の子供を狙って(怖い……でも狙うって言い方しか思い浮かばないのもまた事実)千尋が新作着物の講習会にかこつけ、帯でギューギュー締め上げたり、休みの日に四人揃って(しかもわざわざ和服で)マンションまで押しかけて来た挙句、病院へ連れて行かれそうになったり……
 無事に生む事が出来るのでしょうか?…o(;-_-;)oドキドキ♪

 前回に同じく、大げさである種古臭くも感じる台詞ですが、相変わらず高島さんが言っても特に気にならないのに、瀬戸さんが言うとやたら耳に残るのは何故でしょう?
 「あなたねぇ」と言う言葉が、何度も「あ〜たねぇ」と聞こえてしまいました(*´∀`)ノ

 婿養子という立場で、鬱積したものを感じていたであろう嘉蔵が選んだ女性ですもの、今みたいにいじめられたままで、文乃が黙っているとは思えない(笑)中盤に差し掛かった頃から反撃開始ってとこでしょうか?
 ドロドロのグチャグチャですねヾ(^▽^*)

 反撃を開始する前に、こっぴどくいじめられるっていうのはある意味お約束なわけで……次回もきっと見ていてムカムカするような酷い事をされるんだろうなぁε=( ̄。 ̄;)
 でも見てしまうんだろうなぁ(笑)何だかんだ言って、結構ハマってたりするんでしょうか?
posted by まめ太郎 at 11:31 | Comment(0) | TrackBack(2) | 【ドラマ】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


「女系家族」を読み終える・・・・・ドラマみてる人は読まないでね。
Excerpt: 本日、山崎豊子の「女系家族」を読み終えた。 「沈まぬ太陽」にあまりに感動したため 俺には珍しく、続けて同じ作家の作品を読んだ。 米倉涼子が主演でドラマをやっているみたいだが 彼女は妾の役なんで..
Weblog: 流浪の”しゃべROCK”→
Tracked: 2005-07-21 02:08

大人の恋愛支援します!!
Excerpt: 大人の女性(人妻熟女)と割り切った関係を支援します。アブノーマルな体験も叶います。
Weblog: 不倫支援会
Tracked: 2005-09-17 21:29
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。