2005年07月18日

『ドラゴン桜』第二話

 いつになったら東大合格の秘訣が出て来るんでしょうか?(もはやドラマの内容よりもそっちの方が気になって仕方がない私……)
 
 桜木(阿部寛)の強引なやり方に腹を立てた他の教師達が、特進クラス希望の生徒が五人集まらなければ、桜木をクビにするように詰め寄るのはさもありなん……といった感じでおかしかったです。
 実際に教職に就いた人間が、自分の進退がかかった能力テストを受けさせられるとあっては、まず間違いなくあの反応を示すんじゃないでしょうか?でもちょっといい考えかも……って思ってしまいました(^。^;)

 それにしても理事長の百合子(野際陽子)が、金庫を眺めて「夫が生きていた時はこの金庫にいっぱいお金があったのに」と呟いているのはかなり笑えました(^∇^)
 危機感がない人っていうのは、本当にこうなんでしょうね?しかもそのお金で、結局イヤリングなんて買ってるし……(笑)

 父親が借金を残して蒸発したせいで、バンドどころか高校生活を続ける事さえ危ぶまれる勇介(山下智久)、借金の利息にしかならないと分かっていても、家で一人借金取りの訪問に怯える母(石野真子)を思い、大切なトランペットを三万円で売ってしまいます。そしてそれを偶然煙草を買いに出た桜木が目撃してします。

 桜木のやり方に反発しつつも、気に掛かる様子の真々子が特進クラスの様子を見にやって来ますが、教室の中に生徒の姿は無く、バカにした表情で桜木に尋ねます。
 「大体東大合格100%の根拠って何ですか?」その後すかさず、入試問題を買うのか?と桜木を疑うあたり、真々子の真面目で一本気な性格がよく現れていたと思います(笑)

 その疑惑を否定した後、桜木は「東大二次試験の数学で、240点あるうち何点取れば合格するか知っているか?」と逆に真々子に尋ねます。
 桜木のプランでは、四割弱の90点で合格ラインに届くそうですΣ( ̄Д ̄;) この場面で、すでに真々子以上の驚きを隠せなかった私……本当でしょうか?気になります

 日払いのバイトをこなしながらも、300万という借金を返す目処は全く立たない勇介の家を桜木が訪れます。300万を手に「これでお前の人生を買わせてもらう」と豪語する桜木に、勇介は「俺はそんなに安くないんだよ!」と怒りを露にしますが、「受験っていうのは、今の日本に残されたたった一つの平等なんだ。受験で点数さえとれば、一流大学に入れる。人生やり直すことが出来るんだ!」と言う桜木の言葉に、自分のプライドと、現実を思って揺れ動きます。

 確かに受験というのは建前としては桜木の言う通りなのかも知れませんが、実際は受験料もかかるし、希望大学に合格するためにはそれなりの投資だって必要だと思います。それがある以上、必ずしも一概に平等だとは言えないんじゃないかな?なんて思ってしまいました。

 桜木に土下座をしてお金を借りてまで、自分に幸せになってもらいたいと話す母の姿を見て、勇介は今の自分が何を言っても桜木には敵わない事を悟ります。
 そんな勇介に桜木は「ケンカに強くなりたければ、まずは自分の弱さを知ることだ」と言い残し、勇介が売ってしまったトランペットを置いて家を後にします。

 勇介に決断を迫るシーンで、桜木が一万円札を一枚ずつ破いていましたが、みなさん知ってますか?あんなふうに100枚ずつ帯で束ねられたお札って、一枚だけ引っ張っても取り出せないんですよ(笑)
 だからあれはどう見ても100万円きっちりの束ではなかったんですねぇ。もちろん理事長の仕業なんですけどね(;´Д`)ノ
 それを知らなかった桜木、売れない弁護士というのにも頷けます。

 約束のライブにも出演できて、特進クラスに入る決心がついた勇介が学校へ行くと、そこには「特進クラスを希望する生徒がいるか、いないか?」の賭けに負けた真々子が桜木の奴隷と化した姿が……(笑)
 知らん顔してればいいのに、律儀に約束を守っている真々子がおかしかったです。

 大きな穴を更に掘っていると、そこに勇介のバンド仲間の英喜(小池徹平)同じく勇介の彼女のよしの(新垣結衣)アイドル志望の麻紀(サエコ)が続々と姿を見せ、特進クラスを希望します。驚きを隠せない真々子と勇介を横に、桜木はにんまり( ̄▽ ̄)
 朝早い時間だと言うのに、出来の悪い双子の兄一郎(中尾明慶)も様子を窺っていたようですし、彼も特進クラスに入るのでしょうか?

 やがてトラックが運んで来た立派な桜が植えられて『ドラゴン桜』と命名されます。
 「龍山高校の龍から名前を取ったこの桜が、これから続々と出る東大合格者を見送る」と言う桜木に、真々子と四人の生徒達は大きな桜を見上げます。

 いよいよ次週から本格的に始動を始める特進クラスですが、未だ決断をしていない直美(長澤まさみ)が気になります。今回は友達に頼まれたプレゼントを勇介に手渡して、麻紀に責められていた事ですし……
 それにしても、麻紀が直美を責める時に「勇介みたいなかっこいい幼なじみがいれば、君みたいな地味な子も注目されるしね!」とか言ってましたが、いくら地味でもあれだけかわいければ、例えかっこいい幼なじみがいなくても十分注目されると思います(^。^;)

 早く東大合格の秘訣が知りたい(笑)何だかドラマの内容そっちのけで、そればっかり気になってしまう私ですが、これだけ期待させておいて大した事ない内容だったらどうしよう……一気に見る気を無くしてしまいそうです〜( p_q)

 
posted by まめ太郎 at 12:45 | Comment(3) | TrackBack(2) | 【ドラマ】
この記事へのコメント
まめ太郎さん、こんばんは。
受験=平等
確かに建前はそうなんでしょうが、実際は
お金のあるとなしで、状況が変わってきて
しまいますよね。

私も秘訣が知りたい!そして子供が大学受験の時に使える業は覚えておきたい。(笑)
来週から合宿が始まるので、ノウハウが登場するかな?
Posted by ちーず at 2005年07月19日 23:26
ちーずさん、コメントありがとうございますm(__)m
この秘訣が気になって見ている人も結構多いんじゃないなぁなんて思ったりします(笑)
私も覚えておいて、機会があれば(どんな?)是非使ってみよう…(どこで?)
特進クラスに入った動機は不純ですが、担任である桜木の動機も似たようなものなので(^^ゞ生徒達にはがんばってもらいたいですね。
Posted by まめ太郎 at 2005年07月20日 08:30
失礼いたします
Posted by エロ at 2008年01月25日 23:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL


『ドラゴン桜』第2回感想
Excerpt: 1回が全員紹介の回なら2回目は勇介の家庭の事情紹介の回? ネタバレあります。 勇介(山下智久さん)特進クラスに入るの巻〜〜。 以上、ストーリー終(爆)ってところでした。 ちょっとだけ、ストーリー..
Weblog: つれづれなる・・・日記?
Tracked: 2005-07-19 08:19

ドラゴン桜 第2話 『自分の弱さを知れ!』
Excerpt: 超進学校化を目指すために、龍山高校の再建を宣言した弁護士の桜木(阿部寛)。 「特別進学クラスに入りたいやつは、3階の教室へ来い!  これはお前らの人生のターニングポイントだ。  即、決断しろ。」 「く..
Weblog: どらま・のーと
Tracked: 2005-07-19 23:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。